薬局、アトピー化粧品、ドゥーエは大阪のマイライフ薬局スキンケアストア

疾患肌のスキンケアについて保湿に関するQ&A洗浄に関するQ&A
アトピー性皮膚炎からエアコンによるかさつき、かゆみまで肌トラブルに悩む方はスキンケアについて関心をお持ちだと思います。スキンケアというと、美肌などの美容効果や疾患治療のようなものと思われがちですが、皮膚病予防の見地から考えると極めて大事なことなのです。
スキンケアの役割は、まず皮膚のバリア機能を高めること。肌は本来、外側からの細菌の侵入を防いだり、内側から水分が体外に漏れ出すことを防いだりするようにできています。これをバリア機能といいます。バリア機能が乱れることによって、肌荒れ、ニキビ、肌疾患、アトピーの原因を作り出してしまいます。バリア機能を高めるためには、スキンケアで肌の保湿を高めることが必要となってくるのです。

保湿や保水というと、水分だけを補えばいいと思っている人もいますが、肌には脂質と水分の両方が必要です。脂質の分泌には女性ホルモンが関係しているとされ、性ホルモンの分泌が少ない高齢者や子供、女性ホルモンが低下する閉経後の女性などでは肌が乾燥しやすくなります。湿度が低下する冬はとくに肌が乾燥しがちになり、カサカサしてかゆくなります。最近は夏の冷房も問題で、肌のかゆみを訴える人は寒い季節に限らなくなっています。かゆいというとすぐに思い浮かぶのは「かゆみ止め」ですが、本当に大切なのは、普段からのスキンケアで肌の保湿を心がけることです。

肌の乾燥を防ぐスキンケアのポイントは、入浴後のケアです。入浴直後は、肌の一番表面にある角層が水分を十分に含んでいます。その段階でできるだけ早く化粧水や乳液やクリームなどをつけて、肌の水分を保持するようにします。それがバリア機能を高めることにもつながります。

最近は、いろいろな石けんや液体ボディーソープが市販されています。石けんを替えたら、全身がかぶれてしまったという相談も時々受けます。香料などが含まれているとアレルギーをおこしたり、かぶれの原因になります。ビーバンジョア製品のような香料や着色料などの成分が入っていない低刺激性で、油分を落としすぎないものを選ぶとよいでしょう。

肌の保湿が必要な皮膚疾患の代表が、アトピー性皮膚炎です。アトピー性皮膚炎では、炎症が起こって湿疹やかゆみがある状態と、炎症が治まった状態があります。炎症が治まった後、肌は一見健康な皮膚に戻ったように見えますが、そこにはまだ問題が残されています。アトピーの患者さんは生来「アトピックドライスキン」と呼ばれる乾燥肌をもっていて、バリア機能が低く、外界からのウイルスや細菌、さまざまなアレルゲンなどの刺激に弱いのです。その為、ドライスキンのケアを怠るとまた炎症が生じて再発してしまいます。

一般に、アトピー性皮膚炎で炎症があるときの治療には、ステロイド外用薬などがよく使われます。それらの治療で炎症が治まったあとは、ドライスキンのケアとして保湿剤を継続して使っていくことが大切です。スキンケアを忘れるとアトピー性皮膚炎は治まらず、すぐに元の状態に戻ってしまいます。

現在、保湿を中心としたケアは炎症に対する治療とともに、アトピー性皮膚炎治療の 2 つの大きな柱になっています。それだけ、アトピー性皮膚炎の患者さんにとっては、保湿を中心とスキンケアが重要とされているのです。
一般の化粧品と低刺激化粧品はどのように違うのですか?
低刺激化粧品では、香料や保存料などの配合をできるだけ減らすなど、成分的にも低刺激化粧品を考慮した処方がなされています。それにプラスして、ビーバンジョアやドゥーエが一般化粧品と大きく違う点は、いわゆる敏感肌や乾燥肌をもっている人への使用試験を踏まえて安全性を確認してから、市場に出していることです。
われわれ薬剤師が患者さんに商品を紹介する場合、有効性や安全性が確認されているかなどの根拠として、そうした使用試験を経ているかどうかが 1 つの手がかりになります。
肌への負担を考えると、弱酸性のスキンケア製品を選んだほうがよいのでしょうか?
アトピー性皮膚炎の患者さんの肌のpHは、本来の弱酸性から、ややアルカリ側に傾いていることは事実です。肌の表面には腸の中と同じように、表皮ブドウ球菌などの善玉菌と黄色ブドウ球菌などの悪玉菌が存在しています。健康な肌は弱酸性に保たれ、悪玉菌の繁殖を抑えているのですが、アルカリ側に傾くと悪玉菌が増殖して、炎症などさまざまな肌のトラブルを招く原因となります。そのことを考えれば、もともとの肌の状態に近い弱酸性のスキンケア製品を選ぶほうがベター とは言えます。
脂性肌に乳液やクリームといった油分を含む化粧品を使用してもよいのでしょうか?
脂性肌とは、皮脂の分泌が高い肌を指すことが多いようです。ただ、皮脂そのものは保湿機能やバリア機能をそれほど高めるわけではありません。脂性肌でニキビができていても、部分的に乾燥している人もいます。脂性肌の人は必ずしも十分に潤っているわけではなく、バリア機能が低下している人もいることは十分に考えられます。また、皮脂の分泌量は皮脂の部分によっても異なります。たとえば額から鼻にかけての T ゾーンは分泌量が多く、目の周りなどは逆に不足がちです。脂性肌の人が油分を含む乳液やクリームを使うときは、乾燥部分だけで補うなど、部分的に使いわけることが大切です。
△TOP
シャンプーやリンスも肌への負担が大きいのですか?
アトピー性皮膚炎の患者さんを対象にアンケート調査を行ったところ、シャンプーで一番トラブルを起こしやすい部分は、頭皮ではなく、うなじや額、顔などでした。この結果よりシャンプーすること自体の刺激というよりは、シャンプーの泡が肌に残ることにより起こるトラブルだと言えます。おそらく下を向いて洗っている人が多いと思いますが、この洗い方だと、額や顔などにシャンプーの液や泡が残りやすいのです。
シャンプーやリンスを洗い流す際は、うなじの部分をよく流し、最後に上を向いてシャワーを浴びるくらいにして生え際までしっかりすすぎ、洗い残しがないようにすることが重要です。

化粧を落とすときはクレンジングを使ったほうがよいのでしょうか?

油性の化粧品の汚れを洗い流す場合、通常の洗顔石けんでは、なかなか洗い落とすことができません。
無理に洗い流そうとすると肌に負担をかけてしまいます。化粧の汚れは、専用のクレンジングクリーム等を用いて粉とまじった油分を油分で溶解し浮かせて落とした方が、肌への負担も少なく短時間で済みますので、クレンジングを使うことをお奨めします。しかし、ニキビがあるような方に油分が多いクレンジングを使うと、油分が肌に残り、その後かなり脱脂力の強い洗浄剤で洗い流さな いとベタベタしてしまいますから向きません。逆に乾燥肌の人が脱脂力の強いクレンジングを使うと、肌がカサカサになりつっぱってしまいます。ビーバンジョアのアミノ酸クレンジングをオススメします。

洗浄方法や洗浄剤の選び方についてのアドバイスはありますか?

一般に水温を高くすれば皮脂は取れやすく、洗浄剤の効果も高くなります。乾燥肌の人は低温のお湯で洗浄剤が残らないように洗い、皮脂の多い人は脱脂力のある洗浄剤を使いお湯の温度を少し高めにして洗うと効果的です。洗うときは、洗浄剤をよくあわ立てて泡の中に汚れをなじませるようにし、こすりすぎないことがポイントです。肌が敏感な人が洗浄剤を選ぶ際は、パッチテストや使用テストなどの臨床試験を行って問題がない製品で、薬局などで手軽に買うことができ、リーズナブルなことも大切な条件です。ビーバンジョアのピュアソープもその 1 つです 。
スキンケアはアトピー性皮膚炎の治療にはかかせません。洗浄剤の選び方は非常に大事であることを忘れないで下さい。

低刺激化粧品ビーバンジョアのページへ | ドゥーエのページへ | TOPへ

 
マイライフ薬局
〒586-0003大阪府河内長野市楠町東1602-1
TEL:0721-56-8403